‘2015/03’ カテゴリーのアーカイブ

株式市場は米利上げを織り込み済み

2015/03/05

米株価指数ダウ・ジョーンズは 1 万 8000 ドルを超えて、史上最高値近辺に位置する。この勢 いに呼応する形で、アジアではタイ、フィリピン、インドネシア、インドが史上最高値近辺、そ してユーロ圏ではドイツ、フランスが史上最高値圏である。 日本の株式市場も 15 年ぶりの高値を更新している。日本の景気は良いわけではないが、ゼロ 金利政策が長期化していることで 10 年物国債の利回りが 0.35 %に対して株式益回りが 5.67 % (今期予想)もあるわけだから、株式を選好する理由はよくわかる。 欧米の株式市場が動意づい てくれば、今後もさらに一段高が期待でき、日経平均株価の 2 万円台回復も時間の問題となるだ ろう。 さて来年度の展望であるが、もちろん景気先行き不透明感が払しょくできているわけではない が、異常なゼロ金利状態が日本だけでなく欧米諸国でも続くことになるという事実が株価を後押 しするのではないだろうか。 2 月初旬の G20(財務大臣・中央銀行総裁会議)で、「先進国・新興国が景気の下支えとして金 融緩和に舵を切る中、利上げの準備に入ろうとする国がある」といったニュアンスで、暗にアメ リカを批判するかのような意見が多数出た。金融政策の不一致が金融市場に混乱をもたらすとい うことは過去の多くの事例から証明されているために、アメリカも安易な利上げができなくなっ た。 イエレン米 FRB 議長が、慎重に何度も何度も石橋を叩いて渡るかのように市場に利上げを 示唆しているのは、背景に G20 による「お仕置き」があったからだろう。 一連のイエレン議長の発言で、マーケットは打たれ強くなっている。むしろ利上げ後は株価が 高騰するとみておいた方がいいのかもしれない。今年の後半は意外な株高が続く可能性がある。 日経平均株価とダウジョーンズの 2 万円、2 万ドルの同時大台乗せが実現するのか、楽しみで ある。